包茎は男としての自信を奪う?

包茎のように男性のシンボルに関わる悩みは、個人的なものであり他人に相談しにくいものです。

 

短小、包茎、早漏など様々なものがありますが、例えば包茎ですと、恥ずかしくて銭湯も入ることができないと悩んでいる男性が少なからずみえます。

 

男性のシンボルの悩みは大きい!

短小であったり、包茎であったりと、男性のシンボルに関わる悩みは想像以上に大きいケースがあります。肉体的な悩みであるとともに、精神的にも大きなダメージを与えかねません。

 

普段の生活において、何をするにしても自信がもてなかったり、女性に対しても卑屈な気持ちになってしまいます。また、性交渉の際にもコンプレックスとなりがちで、どうにも異性に対して自信が持てない方も少なくないでしょう。

 

これから分かるように、男子のシンボルに関わることは、とても個人的なものであるとともに、男性として生きていく上でずっと付きまとう大きな悩みになりがちです。

 

包茎だと銭湯に入るのが恥ずかしい!

銭湯

 

銭湯では不特定多数の人の前で全裸になりますので、包茎コンプレックスの人にとっては、恥ずかしいと感じる場所です。

 

どうしてもコソコソと過ごしてしまいますので、銭湯はちょっと遠慮したいと思っているかもしれませんね。銭湯の場合は、自ら避けることは可能かもしれません。

 

しかし、団体で温泉旅行に出かけたケースでは、どうしても気の合う仲間で裸のつきあいということもあり得ます。そんなときは、タオルで隠したりコソコソと挙動不審になったりしてしまいます。

 

特に学生のころは修学旅行や部活動の合宿などで、周りのみんなに裸を見せる機会が少なからずありますので、気になってしまう方もいることでしょう。

 

誰にも相談できない悩みとなりやすい!

包茎コンプレックスは、いくら仲の良い友人であってもなかなか相談できるものではありません。ましてや第三者においそれと相談することもできないでしょう。

 

もし仮性包茎ならば、生殖機能もありますし、性交渉の際の見た目では特に気にすることもありませんので、そのままで良いでしょう。

 

ただし、真性包茎の場合は、専門医に相談する必要があります。

 

昨今の美容整形の広告では、商業上の理由から仮性包茎の方も対象として、施術の必要性を謳って宣伝しているケースが見受けられますが、その点は自己責任で判断することになります。

 

施術後に見た目に不満が残ってしまい、後悔しているケースもあることに言及だけはしておきます。

 

包茎は女性に嫌われるという噂に関して

女性

 

包茎ですと女性に嫌われるという噂がありますが、これは包茎ですと亀頭に恥垢がたまりやすく不潔なイメージが伴うからだと言われています。

 

したがって、入浴時には必ず皮を剥いて洗う習慣をつけることが大切です。性的な機能は問題ないのですから、男性として自信をなくすことはありません!

 

なお、思春期でまだ皮を剥く経験がない中高生は、いったいいつ自分は皮が剥けるのだろうかと心配になるかもしれません。

 

ちまたでは、皮を剥くトレーニングの情報が入手できるので、試してみたいと思ってもちょっと怖かったり、本当にしても良いのだろうかという疑問が湧きます。

 

やはり包茎を克服するには包茎手術を受けるしかないかもしれませんね。

 

 

私が包茎手術を受けた体験談

ドクター

 

包茎は自分一人では特に気にすることはなかったです。しかし、ちゃんと剥けている友人をみると、自分が成長していないように感じました。

 

無理やり剥いてみても、すぐに皮被りになるので、なんとかしたいと思っていました。

 

調べてみると包茎の手術は日帰りでできると知り、翌日から普通に生活もできるとのことでした。

 

術後の仕上がりも綺麗だともきいて、ちょっと安心でした。それならば、受けてみようかと思いました。

 

また、男性の看護師さんがいるところがあると聞き、少しでも恥ずかしさが減る選択をしました。そこで、上野クリニックの無料カウンセリングを受けてみることにしました。

 

上野クリニックの医師は丁寧な対応で、一度来院をして問診をした後に手術を行うとなりました。

 

電話予約して来院しました

恥ずかしさもありましたが、スタッフに話をしました、来院予約と予算の話をして、電話を終了でした。1週間後に来院しました。その日は、手術後に飲みに行く約束でした。

 

日帰り手術なので大丈夫と思っていたのです。予約した上野クリニックに行きました。

 

普通のクリニックと違い人もいなくて、個室的なクリニックでした。しばらくして、問診を受けるため呼ばれると男性の看護師さんと男性の先生がいました。

 

そこで、包茎具合を確認されて、切るほうが良いでしょうと手術をすることになりました。

 

手術は目隠し

男性の看護師さんに案内されて、手術を受けました。手術までの準備は男性の看護師さんがしてくれました。部分麻酔で手術に入る前に、目隠しをされました。

 

血を見ると動揺する人がいるので、手術の間は取らないようにしてくださいと指示でした。先生が来て術式を説明しました。その後、手術です。

 

様子からすると先生と男性看護師の他にもいるようでした。手術はあっさりと終わりました。

 

術後の説明と、毎日のケアの仕方を説明してくれました。包帯の換えかたやその後の経過です。しばらくは使わないようにしてくださいと注意もありました。

 

支払いは、現金を用意していましたが、払えない場合は分割的に払う手段もありました。なので、誰でも安心してその日に手術を受けることができます。

 

手術後はズキズキ痛みがある

手術後、その日の夜に麻酔が切れてきて、飲みながら痛みが増してきました。

 

本当は飲むのもダメだったのですが、少しならと思って飲みに行きました。翌日もズキズキ痛みはしましたが、普通に生活はできました。

 

痛みはズキズキがずっと続きます。初日はあまり眠れませんでしたが、翌日からは大丈夫です。怪我の痛みくらいな感じなので、心配なく日常生活が遅れました。

 

ただ、親に歩き方がおかしいと言われました。お腹が痛いから、この前の飲み屋で当たった。と1週間くらいごまかしました。

 

また、包帯をしているので、尿をするときにやりにくくて困りました。

 

包帯の尿道の圧迫からなかなか真っ直ぐ飛ばなかったりしました。包帯に尿がかかったり、自己ケアが結構めんどくさかったです。

 

手術後しばらくの男性器

また、亀頭の部分が、だんだんと固くなってきました。体が保護のために、カサブタのような役割で、そうなるのだと教えてもらっていました。

 

痛みも和らいできたときに、手術跡に気になる部分がありました。

 

一部、小さく膨らんでいるのです。そこで、クリニックに話して診察してもらいました。

 

すると医師にはどこですか?と聞き返されるレベルで本人だけが気にしてたようです。しばらくしてその膨らみもなくなりました。

 

仕上がりも綺麗だと言われても自分ではよくかりませんが、見た目はそれほど気になりませんでした。

 

その後の生活

確認するために、風俗店に行き聞いてみたら、笑われましたが、違和感ないと言われました。

 

風俗の女性の言葉で自信が持てました。ただ、自分が気になる手術後はありました。本人が気にしているだけで、他の人には分からないようです。

 

何度か風俗の女性に聞いても、大丈夫そうでした。その影響か手術とは別に、痛みが出たので、泌尿器科に行きました。

 

風俗で病気かと思いました。そこで、見てもらうと「もしかして手術をした?」と聞かれました。医者いわく、これはかなり綺麗だと言っていました。

 

すっかり自信を持って、過ごしています。ただ、数年たち、他の手術をするときに治療経験で、手術をしたことがあるか?と問診のときには、していないと嘘を書くようにはしています。